法人向けと一般向けで何が違う?

サーバーの稼働率が違う

レンタルサーバーには、大きく分けて一般向けのものと法人向けのものの2種類があります。これらの違いについてはさまざまなものがあるのですが、稼働率というものが大きく違うのです。 稼働率は年間通じでサーバーが稼働している時間のことであり、法人向けのサーバーと言うのはビジネスに使うサーバーなので、稼働率についての情報を公開している場合が多々あります。この稼働率は法人向けのものはサーバーの稼働率について保証が付いているものもあり、規定の稼働率に達していない場合返金してくれるというサービスが付いているところもあるのです。 また、一般向けのものは実績を公開していない場合があり、数値目標なども公開していない物が殆どになります。

料金やサポートなどに違いがある

一般と法人では料金も違いがあり、一般向けのものは非常に安いところもあり、利用者に負担が殆どない料金で提供しています。法人向けのものやや高めの価格設定になっているのですが、その分サービスが充実しているという特長あるのです。 特にサポート面などが優れており、電話によるサポートを受けることが出来ます。これは受付時間に関しても深夜帯まで長時間受付をしており、困ったときにはすぐにサポートの問い合わせて相談することが出来るのです。 また土曜日や日曜日のほか祝日などにも対応しているので、かなり融通の利くサポートをしてくれるのが法人向けのサーバーになります。また、一般向けはデータのバックアップをしてくれるところとしてくれないところがあるのですが、法人向けだとオプションなどを選択でき確実にバックアップしてくれるのです。